歌詞出處:七色霧


作詞.作曲:瀬名
編曲:lavi
Vocal:瀬名


アルカンシェ・プティフルール・フィデリトール
アルカンシェ・プティフルール・フィデリトール
"フィデリトールに咲く一輪の可憐な花"
"フィデリトール所綻放之一朵可憐的花"
それが、彼女の名前
那便是、她的名字

時は白き絶望に侵食されゆく最中
在為蒼白的絕望所蠶食的時代之中
首都レオメトルの城に生まれた
在首都レオメトル城中誕生

幼くして両親を亡くし
年幼之時雙親便已去逝
けれど大切に育てられ、やがて
但是依然被細心的養育、終於
美しく聡明な少女となった
成為了美麗且聰穎的少女

父の一途な正義と
遺傳了父親固執的正義
母の天真爛漫な好奇心とを受け継いだ若き王女
以及母親天真爛漫的好奇心的年輕公主

英雄であった父の跡を継ぐ戴冠式が迫るにつれて
隨著繼承身為英雄之父親軌跡的戴冠式的到來
生まれながらに架せられた
一出生便以確立的規定
定めが少女の華奢な肩にのしかかる
壓在少女纖細的肩膀之上

「お父様、私にできるの?この国の未来を背負えるの?」
「父親大人、我做得到嗎?能夠背負這個國家的未來嗎?」

彼女は日夜繰り返す自問自答
她日夜反覆地自問自答

「お母様、なぜ私なの?私がここにいていいの?」

「母親大人、為什麼是我呢?我在這裡好嗎?」

答えは出ずに、ただ時間だけが過ぎる…
無人回答、僅有時光飛逝依舊…
されど籠の中の小鳥 想い描けど
然而籠中之鳥 仍在心中描繪著
未だ見ずに、触れる事も叶わない世界
未曾見過、就連觸碰也無法實現的世界

王女として多くを学び
身為公主而多所學習
何不自由なく暮らしていても
儘管生活沒有絲毫不便
誰も"ひとりの少女である私"を知らない
然而誰也不認識"身為孤獨的少女的我"

「自分の存在すら、リアリティがないの」
「難道自己的存在、不具任何真實嗎」

そして、彼女は旅立つ
於是、少女展開了旅程
空虚な日々から抜け出し
自空虛的生活之中逃離
果てしない現実の海原へ
向著沒有盡頭的現實海原
抗えぬ運命の流れに、己が人生に
不可抗拒的命運之流、自身的人生
立ち向かい真実を求めるストーリー
追求所面對之真實的故事
今、始まる
現在、開始了

----------------------------------------------------------
這才是目前的背景音樂的歌詞喔!!!

(上一篇的歌詞 歌曲 演唱者 完全是不相干的啦XD)

音樂超好聽

歌詞超級棒

感覺有種在看小說的前言似的XD

其實這是印象專輯的開頭部份的原因(笑)

暑假常常能挖到寶(笑)

naiwen 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()